月別アーカイブ: 2022年8月

【1,059】訃報

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと9日です。

8/31(水)となりました。今日も会議が2つ入っています。そのうち1つは「人事課」の会議です。この半年を色々と振り返りをしながら、今後の活動について話し合います。採用、SNS活用、監査、社内報など、人事課の仕事も複数ありますが、それぞれの仕事に成長課題があります。課題があるということは伸びしろがあるということです……人も組織も同じです。昨日は一瀬常務、伊東取締役と長話をしながら「私も課題だらけですなぁ~、トホホ」ってな感じでした。

そんなトホホな気持ちを持ち上げてくれるのは美味しいごはん!甲府で仕事をし、時間さえあればいつものお店へ。昨日は餃子と初めて注文した「肉丼」。めちゃくちゃ美味しかったです。元気モリモリ(笑)そのためか朝から甲府へ向かったのにも関わらず、まだ眠くありません(笑)現在、31日午前1時前。寝なくちゃいけないのに……「肉丼+餃子=必要以上のパワー」(笑)

ま、課題があるということは「伸びしろ」があるということです。課題を指摘されたり、注意されたり、叱られたりということは「伸びしろ」があるということです。

私は叱ってくれる人が立場上少ないので、自分で叱ります。真面目に自分で自分の至らなさに気付きますので自分で自分に叱ります。

「SDGsの日」感想・意見文⑧

富士宮のある校舎から届きました。「世界は自分勝手で溢れている」という最後のほうに書かれている言葉がとても印象的です。私もそう感じています。しかし、「自分勝手で溢れているから、自分も自分勝手な生き方をしてよい」ということではないですよね。私は「利他」の心をもって人や物事に接することがとても大切だと思います。

「利他」と言えば、その心を書籍を通じて教わった、私が尊敬してやまない「稲盛和夫」さんがお亡くなりになりました。彼の書籍を数冊繰り返し読みました。初めて稲盛さんの書籍に触れたのは30代後半だったと思います。彼の教えを自分の血肉としようと30代後半から40代前半に集中して繰り返し読み、その後に発刊されるものも手に取って、自分自身のバイブルとしてきました。寝台列車「北斗星」に揺られて北海道へ行った際、車中で稲盛さんの本を2冊読み切って、そこで何かが変わったことを覚えています。仕事というより「生き方と物事の捉え方、考え方」を教わったといっても過言ではありません。

感謝の気持ちでいっぱいです。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

眠れない本当の理由は「このこと」なんです。

偶然ですが、最近、京都へ行きたくて行きたくて仕方が無い状態が続いておりました。親しい友人にも「そろそろ京都行きたいんだよね」なんて話をしていたところでした。先週、またまた京都本を2冊買ってしまいまして、ペラペラ見ているのですが……稲盛さんは「京セラ」の創業者で、ご自宅は京都市伏見区。「虫の知らせ」という言葉がありますが、訃報を耳にした時、そうだったのかも……と。

中途入社強化月間スタート!

2023年度、また新たなことを始めようと考えています。もちろん「新規開校」も!!その為には文理学院の指導理念や活動に共感いただける人材にご入社いただきたいと考えています。まずはこの9月の1か月間を「中途入社強化月間」として募集をしていきます。募集職種は次の通りです。

1.小中学部集団授業教師職(英会話部門含む)

2.高等部集団授業教師職

3.映像授業マネージメント、アドバイザー職

4.その他、塾・予備校業界での校舎長・管理職経験者

応募先:jinjika@bunrigakuin.com(担当:鷲山)

社長blogバックナンバー

2021年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202108

2020年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202008

2019年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=201908

面白いこと、何か為になることが書いてあるかもしれませんので覗いてみてくださいね!

【1,058】100周年

富士高創立100周年記念

文理学院は「富士高校」への合格実績でNo.1の学習塾です。また、文理学院高等部(吉原・中島・富士宮駅南)には多くの富士高生が通塾しています。その富士高校が今年「創立100周年」を迎えるそうです。

特設サイト:https://fuji100.jp/?fbclid=IwAR3s1YKAmaLdSIeIdjX0iYrao8OkcfxJO1LUA8zbBeldBVLADAHBgPmw2Rw

上のURLをクリックすると、100周年の特設サイトにアクセスできます。

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと10日です。

8/30(火)は山梨で1日お仕事です。読売新聞「新聞検定」の最終打ち合わせと、「子ども学習・生活支援」に関する県とのmeetingです。今日も1日、素敵な日になりますように~。

いい言葉と出会いました。マラソン選手を育てた故小出義雄さんの言葉だそうです。

人間、嫉妬しているうちは、本当の福はまわってこない。例えライバルだとしても、人の喜びを「よかったね」と心から喜んで「私も頑張るわ」と発奮剤にできる人じゃないと伸びない

大変共感できますね。同時にこうも思います。

「心に発火剤を持っている人間たれ」「反省を着火剤にできる人間たれ」

教育を生業にするのであれば、これは必要条件だ。”暖簾に腕押し人間”、”糠に釘人間”にいい教育ができるか!!

もう1つ。あのマーフィーさんの言葉だそうですが、これも共感できます。

幸福な人生を歩んでいる人は「言葉の使い方」を知っています。言葉の選択1つで人生は明るくも、暗くもなるのです。

私が社員によく言う「使う言葉と、その言葉の発し方が大切」と同じです。

「教師の武器は知識と言葉と人柄だ」「言葉1つで人柄が垣間見える」

生徒の人間性の向上は、人間性の向上に努めている教師だからできるのだ。文理学院の教師陣はSDGsの諸活動や、社内研修を通じて日々「人間性の向上」に努めています。

🏃変化をつけて

勉強でも、仕事でも、スポーツでも「マンネリ」に陥ることってありますよね。私の場合もそうなんです。だから仕事は数か所で行います。実は今も清水のcafe「コメダ珈琲」でこれを書いています。午後11:00前です。ジョギングやウォーキングもコースを変えます。先日、日曜日の晩、いつもと全く違ったルートを選択し、あてもなく歩いたり、走ったりしてみましたところ9km弱にもなりました!Spotifyで音楽を聴きながらというのもありますが、それだけではない「更なる工夫・変化」が、マンネリを避けて実行する意欲を増長させてくれます。何事も「変化をつけること」がとても大切だと思いますね。

企業経営も同じです。

あなたの人生にも大きな変化を!文理学院で一緒に仕事をしませんか?

中途入社強化月間スタート!

2023年度、また新たなことを始めようと考えています。もちろん「新規開校」も!!その為には文理学院の指導理念や活動に共感いただける人材にご入社いただきたいと考えています。まずはこの9月の1か月間を「中途入社強化月間」として募集をしていきます。募集職種は次の通りです。

1.小中学部集団授業教師職(英会話部門含む)

2.高等部集団授業教師職

3.映像授業マネージメント、アドバイザー職

4.その他、塾・予備校業界での校舎長・管理職経験者

応募先:jinjika@bunrigakuin.com(担当:鷲山)

社長blogバックナンバー

2021年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202108

2020年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202008

2019年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=201908

面白いこと、何か為になることが書いてあるかもしれませんので覗いてみてくださいね!

【1,057】西瓜割り

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと11日です。

8/29(月)今日は涼しいですね。昨晩も涼しかったので帰宅後に9km弱walking & joggingを。季節は徐々に秋へと進んでいくのですね。今日は朝から会議2本。たった今、終えました。この後はオンライン入社面接があります。まぁ、とにかく色々と総括することや決めることが多くあります。夏の反省、78期方針、冬へ向け、そして2023年度へと。

昨日は御殿場へ赴き「はらぺこ食堂」さんを訪問しました。雨の中「大根の種まき」「スイカ割り」と”子どもも大人もニコニコのイベント”で大変盛り上がっていました。その輪に入れていただき2時間弱滞在し、大変有意義な時間を頂くことができました。ありがとうございました。

PRTIMESの記事から:https://www.jiji.com/sp/article?k=000004180.000002535&g=prt

今年で3年目となる「子ども食堂」への寄付ですが、どこもこのコロナ禍での活動を苦心しながらも工夫し継続しており、困っているご家庭の助けとなっているようでした。今回は2か所で具体的な生の活動を見させていただくことができましたし、他の3か所では色々な話を深く広くさせていただくことができました。これからも皆様の活動を微力ながら応援していきたいと思います。

中途入社強化月間スタート!

2023年度、また新たなことを始めようと考えています。もちろん「新規開校」も!!その為には文理学院の指導理念や活動に共感いただける人材にご入社いただきたいと考えています。まずはこの9月の1か月間を「中途入社強化月間」として募集をしていきます。募集職種は次の通りです。

1.小中学部集団授業教師職(英会話部門含む)

2.高等部集団授業教師職

3.映像授業マネージメント、アドバイザー職

4.その他、塾・予備校業界での校舎長・管理職経験者

応募先:jinjika@bunrigakuin.com(担当:鷲山)

静岡市清水区はこの数年、仕事でもプライベートでもよく訪れる場所です。先日、オンライン会議を終え、ランチをする場所を考えながら移動していたのですが「そういえばあのお店ってこの時間開いているのかなぁ」と……数年前から気になっていたお店へ。大変気に入りました。特に単品で頼んだ「野菜の天ぷら」(今回は茄子、オクラ、かぼちゃ、とうもろこし、みょうが)の素材と揚げ方が私好みでしたし、小皿もとてもいい感じの柄で形もよく、何度も足を運びたくなるお店でした。ちなみに美しく美味しいお饂飩に乗っている大きなてんぷら3つは「鶏天」でしてこれがまた絶品でした。

野菜って本当に美味しいよね!季節の野菜を食べ、季節を感じる。日本に四季があってよかった。

社長blogバックナンバー

2021年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202108

2020年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202008

2019年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=201908

面白いこと、何か為になることが書いてあるかもしれませんので覗いてみてくださいね!

【1,056】松坂講演

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと13日です。

8/27(土)の晩です。今日は午後、散歩+ブランチ後に「松坂大輔さんの講演会」を聴くため静岡市民文化会館(大ホール)へ行ってきました。高校野球では横浜高校のエースとして1998年の甲子園で春夏連覇を。特に夏の甲子園では「PL学園との準々決勝で17イニング250球を投げ抜き勝利」、「明徳義塾との準決勝では6点差をひっくり返しての逆転勝利」、「京都成章との決勝戦ではノーヒットノーラン」とドラマチックの一言では語れない凄い試合をやってのけました。私はその当時29歳でしたが、TVやスポーツ番組でその活躍ぶりを観て興奮していたことをよく覚えています。高校卒業後は日本のプロ野球(西武ライオンズ)、メジャーリーグ(エンゼルスなど)で大活躍し、オリンピックやWBCでも日本の為に力を尽くしてくれたわけです。そんな松坂さんの講演となれば、面白かったり、為になったりしないわけがなく、そこで感じたことについて写真の下に箇条書きでいくつか書いてみたいと思います。

最後まで諦めず、それでいて「楽しんでしまう」心の持ちよう

本番で緊張したりプレッシャーがかかったりすることなく「楽しむことができる」かは、日々の練習にかかっている

元気に活躍するには「食べる体力」も必要だ

やはり出会いが大切だ

外を知ることで自身の成長に

以上のようなことを感じ、同時にこの業界に入ったばかりの頃のことを思い出しました。1クラス50~70名の中3受験生、しかもトップ高校を目指す生徒ばかりのクラスを毎週のように担当しなくてはならない状況がありました。入社して1か月も経たない中、70分しゃべり続けなくてはならない社会科の受験対策授業でした。その授業をベテラン教師たちと比べ見劣りしないよう、必死に勉強・練習して毎回の授業に臨んでいました。その授業は土曜日の午後7:00からでしたが、正午過ぎに自宅近くの校舎に出勤し、1人で生徒が目の前にいる前提でシャドウボクシングのように、その日の夜に行う70分授業を3回練習し「本番」に臨んでいました。2年目も、3年目も「授業料を頂いて教壇に立たせてもらっている私塾のプロとして、先輩たちに引けを取らない授業をするために」特に社会科の授業の練習を怠ることなく……。入社1年目の7月から校舎の責任者も任されていたため、今思えば自分の能力を完全に超えた仕事量をこなしていたと思います。それでも折れてしまうことなく充実した日々を過ごすことができた理由の1つは「授業を聴く生徒の表情と私にかけてくれる言葉―すごくわかりやすいよ、やる気になるよ、社会が好きになったよ、など」があったからです。万全の準備をして授業に臨んでいたからこそ「授業そのものを愉しむことができていた」と思いますし、「愉しんで教えていたからこそ、多くの生徒がついてくれ、集まってくれていた」と振り返ります。

上の2つめ ”本番で緊張したりプレッシャーがかかったりすることなく「楽しむことができる」かは、日々の練習にかかっている ”と同じです。

私塾の教師の仕事を本当に愉しめると、人のお役に立つ仕事ということもあり、人生そのものが大変充実してくる。そして持論として、本当に愉しむためには、生徒と接する以外の時間での陰の努力(下準備、仕込み)を能力にもよるとは思うが人一倍やらなくてはならない。いや、人一倍の努力を継続していけば、心から仕事を愉しむことができるようになり、やがて私塾の仕事が天職となる!

松坂さんの今回の講演、教師職としての自分自身を振り返り、若手教師に向けて以上のことを書くきっかけとなりました。

講演前の散歩+ブランチは次の写真の通り。

さて、明日は朝から御殿場です。今年最後の「子ども食堂」への寄付です。

社長blogバックナンバー

2021年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202108

2020年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202008

2019年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=201908

面白いこと、何か為になることが書いてあるかもしれませんので覗いてみてくださいね!

【1,055】最終回

8/26(金)です。今日は朝から本社の会議にオンラインに出席です。

静岡市子ども食堂ネットワーク

https://shizuoka-kodomo.com/

昨日は朝から1本会議に出て、午後は静岡市にあるNPO「子ども食堂ネットワーク」様へ寄付をしに行ってきました。新しい事務所は駿河区中田4丁目。豊田校からは2kmのところにあります。1時間45分ほどの滞在でいろいろな話をさせていただきました。どんな食材が喜ばれるのか、どのような活動をしていく予定なのか、文理と他の企業とのコラボで何かできないか……などなど、今回もいろいろとお話を聴いたり、お話できたりして大変有意義な時間となりました。

ai
ai

現在、クラウドファンディングで「子どもたちの居場所づくり」へ向けての資金を募っているそうです。ご協力をお願いします。https://www.furusato-tax.jp/gcf/1787

明後日28日(日)には今年最後の子ども食堂への寄付をするため、御殿場の「はらぺこ食堂」様へ行ってきます。なんとなんと、”野菜の収穫”を一緒にさせていただける??よう??なので、土まみれになってもよい格好で行きたいと思います。ビートたけしさんの「鬼瓦権造」スタイルで??……”冗談じゃないよ”な~んて。私はこれまで土いじりをしたことがほとんどありません。興味が無いわけではありませんでしたが、機会に恵まれず。これをきっかけに「農業」に目覚めたりして(笑)!!御殿場市での寄付の模様は来週のblogでアップしたいと思います。

皆さまから募金いただいた大切なお金、心を込めてお渡ししております。

最近、グルメレポートが少ないと言われましたので、今週食したものの中から2つ。1つは学習・生活支援へ向かう途中「なんぶ道の駅」でいただいたマグロのとろとろ丼。いやいや、なかなかこれが美味しくてですね~、道の駅でこんなに美味しいマグロを食べることができるなんて、まるで夢みたいでした。最後はだし汁をかけてお茶漬け風にしてかきこんだわけですが、また食べてみたい逸品です。そしてもう1つは行きつけのラーメン店で出す冷やし中華。私は冷やし中華が好きではありませんが、ここの期間限定冷やし中華は「塩だれ」で仕上げてくれてあり、酸っぱさもないので美味しくいただくことができます。「醬油だれ」もありますが、私は「塩」で。もちろん、たいへん美味しかったです。

ここ最近「1日1食~1.5食」という日が続いています。食欲がないわけではなく、それで十分と思えるわけです。年齢かなぁ。夜、どうしてもお腹が減って……という日は「ゆで太郎」というお店でお蕎麦とアジフライ or もつ炒めを頂くことが多いです。「ゆで太郎」に「もつ次郎」というお店が併設され「同時刻二毛作」が始まりましたので、大変ありがたいです。……と、書きながら一昨日の晩はお腹が減って「なか卯」でこれを食べてみたんです。

「邪道」と言うなかれ!これがなかなかうまいのです。親子丼で甘さを感じたら、麻婆豆腐でピリッと辛さでしめ、そしてまた親子の甘味で中和して……なんて感じ(笑)「斬新じゃないか!」と店員に言ったか、言わなかったかはさておき(笑)、美味しくいただくことができました。基本、チェーン店で食べないのですが、遅い時間でどうしてもという時には「ゆで太郎」「もつ次郎」「なか卯」は強い味方です。

そうそうもう1つ。昨日の朝、セブンイレブンでこん「ナン」見つけました(笑)。先日、あるインドカレー屋さんで「チーズナン」を頂いたのですが、それがとても美味しくて、その思い出を引き摺りながら買ってみましたが、やはりそれには敵わず……。それなりに美味しかったですが、これだけしか買わなかったため「ちょっと固めのパン生地」を噛みついて終わった感じとなってしまった……。失敗。

明日の土曜日は午後から「松坂大輔さんの講演会」を聴きにいくのです。ちょっと残念なのは、同日16:00~17:30に諏訪市の柳並公園にて「内田歌穂 投げ銭ライブ」があるんですね。松坂さんの講演が終わって、途中、信号無視をし、自動車道でも時速150kmで向かえば十分に間に合うのですが、そうもいきません。よって、今回は松坂大輔さんのお話を聴くこととします。もし、諏訪や山梨(甲斐市や韮崎市あたりからだと諏訪はあっという間ですよ)でこのblogを見ている方がいたら行ってみてください。私も次回行けると嬉しいですね。

社長blogバックナンバー

2021年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202108

2020年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=202008

2019年8月blog : https://www.bunrigakuin.com/bunriblog/?m=201908

面白いこと、何か為になることが書いてあるかもしれませんので覗いてみてくださいね!

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと14日です。

今日の1曲㊿(最終回)

ケニー・ロギンス

たいして凄いコーナーでもないのですが、やはりフィナーレを迎える「今日の1曲」に何を選ぼうか、ぼんやり朝風呂に浸かりながら考えておりました。これまで主に「自分自身を形作ってきた曲」を紹介してきたことと、私が映画好きなことを踏まえ、最後は「これ」で行こうと思います。ケニー・ロギンスの「Footloose」です!まずは、映画「フットルース」を簡単に紹介します。1984年、私が高1の時だったと思いますが劇場で鑑賞しました。いわゆる青春映画です。いい楽曲に恵まれた、いい映画でした。長くなるので映画の話はそこまでとし、主人公レン・マコーミックを演じたのは私の大好きな俳優の1人、ケビン・ベーコン。ちょっと彼の話を。出演した映画が何本になるかは知りませんが、私が観賞した次の映画には出ていました。「JFK」「アポロ13」「インビジブル」「X-MEN ファースト・ジェネレーション」「パトリオット・デイ」「13日の金曜日」。凄い賞にはあまり恵まれていないと……あっ!ありました!!「インビジブル」(「姿は見えないが、殺意は見える」をキャッチコピーとした透明人間の映画)で、あの、あの「みうらじゅん賞」を獲得しています!完全に話はズレますが、みうらじゅんさん、知ってますよね?私、結構好きなんです。その「みうらじゅん賞」の受賞者には著名人が多数……【敬称略】いとうせいこう、泉麻人、田口トモロヲ、安斎肇、山田五郎、吉田照美、水道橋博士、野坂昭如、野沢直子、小林よしのり、井上陽水、猫ひろし、タモリ、リチャード・ギア、糸井重里などなど、錚々たるメンバーばかりです。昨年までで24回を数える栄えある賞ですが、授与基準は「みうらじゅんさんの独断と偏見」だと(笑)

話を戻し、楽曲「フットルース」は文化的、歴史的、芸術的に重要だとし、2018年米国議会図書館によって国立記念登録簿に保存されているそうで、そう考えると「今日の1曲」のフィナーレに相応しい大作なわけです。

Lose your blues, Everybody cut footloose

憂鬱なんて 捨て去って、みんなで自由に騒ごうぜ!

It(=Life)will(pass you by)if you don’t even try

何もしなけりゃ人生お終いだ

コロナ禍で憂鬱な気持ちをぶっとばすには最高のtuneです!元気になりたい人は繰り返し聴いてみてくださいね。

ちなみに「トップ・ガン」の主題歌「Danger Zone」も彼の作品です。フラッシュ・ダンスも……ケニー・ロギンスは映画音楽で大成功を収めた凄いミュージシャンなのです。

Footloose(足のむくまま、気の向くまま)、旅に出たくなりましたなぁ。

【1,054】Blue Sky

8/25(木)です。給料日です(笑)。今月は愛車のタイヤ交換をしたので来月の引き落としはなかなかの額となります。もう1つおめでたい話で、9月下旬に社員の結婚披露宴にお呼ばれしているのでご祝儀(100万ほどでいいのかなぁ 笑 )もプールしておかないとね。……ということで9月は「緊縮財政」で。あっ、上の額の単位は「円」ではない。

LGBTQ+

先日、南部町の庁舎で次のようなポスターを見ました。弊社の今年のSDGsの日でもこのことについて触れ「差別や偏見はいけないのだ」ということを生徒たちに伝えました。このようなポスターはなぜ必要になるのかの根本も「差別と偏見」なんです。

こういったことを否定する組織・集団、人間は世界の中で随分と遅れを取っているわけです。今の若い人ほどLGBTQ+に関して理解があると思うのですが、それでいいんですよ。1つ例を挙げます。マツコ・デラックスさん。私は好きな芸能人の1人としてマツコさんの番組を視聴することがあります。「月曜から夜更かし」は個性的な人たちが次々と登場し、笑わせてくれるので好きな番組です。(今は時間帯が変わって毎週視聴することはできていません……静岡では午後10時開始ですので)で、そういった番組を娯楽として見ながら、実際にはLGBTQを否定する人も少なくないはずです。そこが私からすると可笑しいのです。「TVという箱の中なら許せるが、箱を飛び出し自分自身の身近になればなるほど許せないし、認めたくない」というなんとも自分勝手で稚拙極まりない考え方を私からすると不思議でならないわけです。

事実を事実として受け入れる社会

私の座右の銘「受け入れる 手放す」これはもう数年前から自分の生き方の軸となっているものです。上の話とは少しずれますが、「どんな状況—辛いことや嫌なことなど丸っと受け入れる心や精神力を養い、そうあろうと努めること」、「怒りの感情など負の気持ちや、ちょっと考えてみて自分にとって必要のないものはすんなり手放すこと」がとても重要であると思うのですね。一言で「ありのままを受け入れ、負は手放し溜め込まない」ということです。そうすると、色々な場面でバランスの取れた、中庸を重んじた生き方ができます。特に私のような年齢や立場の人間ですと「偏っている」ということは諸悪・失敗・不幸へと繋がっていきます。LGBTQ+の問題も(私は問題なのは差別・偏見が問題であり、LGBTQ+そのものは問題でも何でもない事実として捉えていますが)「受け入れる」というある種の「寛容さ」が他人を不幸にせず、延いては自分自身も不幸にならないことに繋がると信じています。

「SDGsの日」感想・意見文⑦

山梨県のある校舎から3通のレポートが届きました。2通お願いしていたところ、3通ですのでそれだけ選べなかったということでしょうから、3つとも掲載させていただきます。

生徒諸君、ありがとう!!よく理解してくれているようで大変嬉しく思います。

伝えたいことが相手に伝わるって有難いし、嬉しいですよね。

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

9/9(金)申し込み締め切り。あと15日です。

今日の1曲㊾

ELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)

1970年から活動するイングランドのバンドです。ちょっと変わっているのは名前がコロコロ変わるんですね。初期に「ELO」でありながら「ザ・ムーブ」というバンド名でも活動し(もともとザ・ムーブから発展しELOが結成された)、1989年からは「ELO PartⅡ」として活動。その後2000年に解散するが、メンバーの一部が「The Orchestra」として活動を開始しながら「ELO」が再始動……など、私には複雑でちょっとよくわかりませんが(笑)、まぁ「ELO」は凄いバンドには違いないわけで、今回は1978年リリースの「Mr.Blue Sky」をおすすめします。歌詞が擬人法を用いながらも全体的にストレートでかわいいですし、リズムはとても元気になる楽曲です。

Hey, you with the pretty face

Welcome to the human race

A celebration, Mr. Blue Sky’s up there waiting

And today is the day we’ve waited for, oh

やぁ、君(青空)はかわいい顔をしてるね

人間世界へようこそ

お祝いしよう、ミスターブルースカイさん

今日はずっと待ち望んでいた日さ

元気になりたい人はこの曲をぜひ聴いてみてくださいね。いよいよ次回が最終回となりますこのコーナー「今日の1曲」。最後はとっても元気になれる洋楽を紹介します!!おたんのしみになさってぇくだぁせぇ~。