社長ブログ」カテゴリーアーカイブ

【390】旅なさい

7/7(火)七夕。生憎の雨で織姫と彦星は……。

昨日、今日とオンライン会社説明会や入社面談がありました。ここのところ、他県で学習塾・予備校にお勤めの方の入社希望が続いていまして、本当にありがたいことです。2021年には34校舎目を開校する予定で動いていますので、即戦力の入社は願ったり叶ったりです。その流れの中で「若手の育成」もじっくり腰を据えてできます。今日、驚いたのは静岡ブロック配属の石上さんが午前10時に豊田校へ。「黒板で練習してもいいですか??」と。私も若い時分そうでしたが、塾・予備校教師として大成したいなら、そういった「授業力を上げるための陰の努力」が絶対に必要です。特にこの業界に足を踏み入れた数年間では。そういった若手の努力を感じながら、数か月先と5年、10年先を交互に見つめながら自身の仕事を日々進めているわけです。

夏期講習明けの9月上旬に「ブロック長(課長・係長)研修・会議」を開催するのも、先を見据えた仕事の一環です。4月実施の予定を半年弱延ばしての開催。準備はしてありますが、時期がずれたため再度内容を調整する必要がありますが、柱は「管理職としての成長」と「数年先の文理を背負っていく人材の発掘・育成」です。もちろん、そのメンバーだけが数年先のボードの候補者ではありませんが「ブロック長の成長無くして、校舎長の成長も無い」という側面もありますから、しっかりと準備をして研修に臨みたいと思います。

直近の仕事では新設「羽鳥校」専用チラシの作成があります。明後日校了と先ほど知りました(笑)ので、今日・明日で作成です。今回の定期テストでも得点が伸びている生徒が多数いますので、しっかりとアピールしていきたいと思います!

弊社でTwitterとFacebookを始めたのはすでにお知らせしていますが、Facebookは個人でも数年前から使っています。その機能の1つ「思い出」というのがありまして……6年前の2014年の今日は何をしていたのか??45歳の時ですが……今はコロナ禍で行くことは難しい北海道を旅していました。自転車(クロスバイク)を飛行機に積んで……これが……静岡空港にて「今まで自転車をお積みになったお客様がいらっしゃらなかったので…なんとかかんとか」と言われるも、タイヤなどを外して解体し積むことができ……新千歳空港から札幌までの約50kmをそのクロスバイクで移動したのですが、途中の北広島市がまぁまぁアップダウンがかなりきつい道路が続くとんでもない地形で(´;ω;`)地図で見るとわからないですよね~。「札幌まで50km無いから自転車ではすぐだよなぁ~」なんて軽い気持ちだったのですが、本当にとんでもないことに遭いました。今となってはよい思いでですが、2度とあのような無茶はできないと思いますね~。昨日書いたブログの富士宮西校舎のチラシもその頃のものだったように思います。

北海道へはまだ当分の間行くことはできないでしょうが、いつかまた絶対に行きたい土地です。人生では5回~6回北海道旅行をしていますが、やはりなんといっても「道東の旅」が最高でした!釧路湿原、摩周湖、阿寒湖、屈斜路湖、風蓮湖、羅臼、知床半島……大自然が広がる北海道らしい場所が「道東」です。私の親戚も別海町で牧場を営んでいますので、数年の間にゆっくりとまわってみたいですね~。

そうそう、若い人たちに言いたいことの1つは「旅をしなさい」ということです。

旅は私たちに非日常を与えてくれます。旅は私たちに自分自身を振り返るきっかけを与えてくれます。旅は私たちに色々なことを見つめ直す機会も与えてくれます。旅は私たちの視野・視座・視角を広げ、高め、深めてくれます。旅は私たちの人間的成長に寄与してくれます。

自分自身の時間と身銭を切って旅にでよう!老人になり身体が言うことを聞かなくなる前に、できるだけ多くの旅をしよう!日帰りでも有意義な旅はできる。私のこれまでの人生、自分自身に一番影響を与えてくれたのは「旅」かもしれないと思うのです。大学進学もある意味「旅」でした。転勤もある意味「旅」でした。転職もある意味「旅」でしたね。そして、この16~17年は仕事でもプライベートでも本当に「素晴らしい旅」をしてこれたとしみじみ思うのです。

18歳の頃から沖縄県以外の46都道府県は全て旅で訪れています。日本は本当に素晴らしい旅王国ですよ!!

【389】テストがんばれ!

私は昨年12月に開校した「羽鳥校」(静岡市葵区)と今年3月に開校した「双葉校」(甲斐市)で中2・中3英語の授業を1コマずつ指導しています。先週末から今週にかけて、教え子たちが定期テストに挑んでいます。すでに今日までにテストが終わったのは服織中学校、今日と明日で敷島中学校です。どうかなぁ~。できていてくれると嬉しいのですが……。藁科中、賎機中、双葉中、竜王中、竜王北中などの生徒はこれからですね。文理学院に通う塾生たちは7月末くらいまでテスト期間が続きますので、これからがテスト勉強本番という生徒たちも多いわけですが、どの子もがんばってほしいですね!!

1回、1回のテストで力をつけながら入試へ向かっていく。

この「1回、1回力をつける」という感覚が凄く大切なんです。例えばスポーツ系の部活に入っている人なら「練習試合」を重ねるごとに上達していく、強くなっていく自分(自分たち)を感じることがありますよね。それと同じで勉強も”練習試合としての文理での単元テストやチェックテスト”を確実にクリアしていくことで定期テストで勝利を掴むことができる。定期テストへ向けて真剣に全力で取り組むことをしながら何度も何度も定期テストをくぐりぬけ、定期テストそのものもある種の練習試合となり、本番である「入試」で勝利を掴むことができる……という仕組みになっているわけだ。本当にそうなんですよ。だからこそ、今、みんなが通っている文理学院の校舎で実施している「単元テスト」(チェックテスト)を絶対に疎かに考えたり、いい加減に受けたりしてはいけないのです!『練習試合に真剣に取り組む人が、本番でも力を発揮し勝利を掴むのだ!』ということを肝に命じて頑張り抜いてほしいわけです!

と、ふと書いてみたくなったのは次の写真なんです。私がかつて担当していた富士宮西校舎のこの時期に出したチラシの写真がひょっこり出てきました。懐かしいと感じるとともに、文理学院の全校舎がこのような結果を常に出せる学習塾に育つといいなぁと思いました。

結局、学習塾は塾生をやる気にさせ、塾生の力を引き出し、塾生に満足な結果を取らせながら、人としての自信・実力・自覚をつけさせていく場所である。我々の使命を全うしているか、日々自問自答しなさい!!

と、自身にも問う。また、がんばっていこいう!!

🐶🐶🐶👨

6月は4,685km走行し燃費は20.2km/ℓ、全国順位716位/13,981名でした。

5月は4,936km走行し燃費は21.8km/ℓ、全国順位220位/13,459名でした。

ぐ、ぐぐ……だめじゃないか。

あっ、ちなみに「1回、1回力をつける」は仕事も同じ。会議1回、1回……研修1回、1回……説明会1回、1回……「自分は伸びている」と感じる仕事をしない人はいつまでたっても本当の成長はない。

【388】モネとマティス

昨日はしばらくぶりに「ポーラ美術館」へ絵画鑑賞へ。

やっと美術館、博物館へ行くことができるようになり、大変嬉しいわけです。先日、ある新聞の「美術館女子」という言葉が波紋を広げていましたが……私は「美術館おじさん」で結構です(笑)!昔から好きなんですよね~。大学生の時のゼミの宿題で行かされた??(笑)行ってきた「秦の始皇帝と兵馬俑展」(大阪開催)でハマリマシタ!!

「本物を目にして感動を覚える」

「何を信条に生きてるか?」と問われれば、その1つは「できる限り本物に触れる」ことです。正直、モネはあまり好みではありません。しかし、その感情も実際に観てみないと、本当の意味でわからないですよね。写真で観ていいなぁと感じたものが、実際にはそれほどの感動を覚えなかったということもありますよね。その逆もあるわけですが、やはり芸術も、味も、人も実際に会って(遇って)みなくてはわからないのです。東京国立博物館へも春にある催しを観に行く予定でしたが、コロナ禍で行けず……これからどんな特別展示があるのかなぁと調べると「きもの KIMONO」だそうです。

夏期講習生募集中!

Twitter フォローお願いします👨

Facebook フォローお願いします👩

【387】球磨川

7/6(月)よく雨が降ります。熊本南部(人吉市など)の映像を今朝のニュースなどで目にしましたが、本当に大変な事態です。グループ塾もある熊本県。本当に心配です。

日本三大急流

1つが静岡県の富士川。この川は日頃、甲府ブロックへの出張時に往復する道路がこの川に沿って流れているため私には馴染みがあります。最上川も松尾芭蕉の句「五月雨をあつめて早し最上川」で有名ですよね。今回、熊本の大水害の要因「球磨川」(くまがわ)は100年以上にも及ぶ「川下り」で有名ですが、同時に「大氾濫を起こす川」としても知られています。調べてみると1963年~65年にも3年連続で大水害に見舞われています。その後すぐに治水のためのダム建設が計画されるも、住民の反対運動で頓挫。その後の治水事業は遅々として進んでいないという歴史があるそうで、今回の災害もある意味「人災」と言えるのかもしれませんが……。亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

今、携帯電話にニュースが入ってきましたが、「背後で堤防が切れた音 恐怖で足が震えた」とのコメントと動画が……本当に恐ろしいです。静岡県内でもいくつか警報が出ている地域があります。とにかく、災害時には危険な場所には近づかないことと、過信せず「命を守る行動」を優先すべきです。

手元からすべてが無くなっても、生きていれば次に進むことができる

【386】偉大なる魂

7/3(金)は豊田校にてお仕事お仕事。

賞与査定結果の担当エリア(静岡・甲府)のフィードバック資料をまとめたり、メール処理をしたりと……午前11時から新卒入社面談。好青年でしたね。彼はZoomで個別説明会を行い、その結果面接・試験希望があったので静岡まで来ていただきました。

「あれ??もう午後1:30だけど、校舎長たち集まらないなぁ~。校舎長会議あるじゃろ」と思ったら、今日はないそうだ!(笑)じゃ、このままブログを書き進めるかと、継続!

昨日は山梨をくるくるして、午後11:30過ぎに帰宅。「明日は雨だなぁ。今日はウォーキングしなきゃ」と……結局、午前1:15まで歩いてしまいました。radikoでNHK総合「ラジオ深夜便」という番組を聴きながらのwalkingでしたが、その番組が面白くて面白くて(笑)。それを聴きながら歩いていたらその時間になってしまったわけです(笑)。おかしいよね~。自分でも本当におかしいと思うことがあるんですよね、自分自身に対して。朝10時過ぎから都留で仕事・会議して(自宅を朝8時過ぎには出るわけです)、甲府地区をまわって……夜中に徘徊する(笑)。なんだか知らないが体力はあるのかなぁ~。

🏃🏃🏃

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー

マハトマ(偉大なる魂)・ガンディーとして世に知られるインドの政治指導者であり、弁護士であり、宗教家。1948年1月30日、78歳で暗殺されるまで「人として正しい生き方」をされてきた、まさに偉大な人物。ちょっと話はズレますが、私がこの業界に入った頃の静岡県公立入試(社会歴史)でこんな問題がありました。

「ガンディーの活動の特徴を書きなさい」

静岡県入試(社会)は今以上に書かせる問題が多く、よく練られた良問も多かったように思いますが、今でも忘れられないのが上の問題。「非暴力・不服従」という言葉が入っていて正解となるのですが、大変印象深い問題でした。

彼の言葉(と、言われているもの)からいくつか紹介してみましょう。どれも私の生き方に影響しているような気がします。共感できるものばかりです。

明日死ぬかのように生きよ!永遠に生きるかのように学べ!

あなたの夢は?あなたの目的は??それさえしっかりと持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。

多くの犠牲と苦労を経験しなければ、成功とは何かを決して知ることはできない。

本当の富とは健康のことであり、金や銀のことではない。

たとえあなたが少数派であろうとも、真実は真実なのです。

上の言葉に関連して……最近、耳にした話題に対して本人に直接ではないにしろ、それに対する私なりのアドバイスや考えを書いておこうと思います。

まず、仕事に行き詰まったり、楽しめてなかったりするケースの回避方法についてですが、それは「基本に戻る」ことです。では、塾教師の基本は何か??それは「自分が今できる最高の授業を生徒に毎時間提供すること」に他なりません。その最高の授業を提供するための準備を絶対に怠らないことです。そこを忘れなければ、必ず良い方向へ進みます。

次に「授業マニュアルがないと困る」と考えている新人さんに対して。文理学院には業務マニュアルはありますが、授業マニュアルはありません。会社として作成するつもりもありません。その理由は「マニュアル化できるほど授業(教育)はチープなものではない」ということと「社として社員を促成栽培するつもりはない」ということです。一流の塾・予備校教師になるためには、時間と努力、経験などが必要です。例えば私の場合は数年かけて自分自身の指導マニュアルを自分自身で作成しながら授業力を高めてきました。もちろん、研修などを通じて先輩たちや同僚、後輩の授業の良いところを取り入れながら構築してきました。だからこそ数年で授業に対する自信もつきましたし、自信があるから生徒たちにも内容だけでない何かが強烈に伝わったのだと思います。多くの子どもたちも授業を受けたくて私たちのところに集まってきてくれたのだと思うわけです。もちろん、社としても経験の浅い教師諸君にはできるだけ早く生徒たちから高い評価をもらえる授業を提供できる教師になってもらいたいです。当然、本人もそうありたいと思っているでしょう。だからこそ経験の浅い教師には業務時間のすべてを授業準備に費やすよう、社として奨励しているわけです。

もう1度上のガンディーの言葉を読んでみよう!!

ね!?わかるでしょ??

いつでもあなたを応援しています。さぁ、今日から仕切り直しだ!!