【177】とらや

今年は180本のブログを書く目標を立て(途中上方修正)、ここまできました。

お陰様で、大変多くの方に読んでいただいているようです。会社として、社長として、個人として色々な角度から書いてきましたが、先日あることに気が付きました。「生徒・塾生向けのブログが少ないなぁ」と。過去、校舎長を担当していた時期には校舎ブログで塾生向けの内容を多く書いていましたが、社長になり以前と比べ現場を離れているためか、そのようになっていたと思います。また、今日から羽鳥校の塾生を指導しますので、文理の塾生や、文理に通っていない学生たちへも「教育者として、人生の先輩としての熱い気持ち」を綴っていきたいと思います。

Save time. Save money. Everyday!

羽鳥校のお向かいに「とらや」さんがあります。日用品を幅広く扱う静岡の老舗です。その店舗に大きく上のような英語が書いてあります。何気なく見ながら……「だよね」と思うわけです。人間の命と同様に、すべてのものには限りがあります。「あっ、愛には限りはないか(笑)」。おおよそすべての物事には限りがありますよね。そんな当たり前のことに気が付かないまま「無駄に無駄を重ねる」ことが多々あります。

特に中学生や高校生で進学を志している人間には「ゴールが決まっています」よね。例えば静岡・山梨の公立高校入試は3月初旬。つまり、中1になった時点からゴールまでは3年足らずなわけです。ゴールまでの時間は限られているので、無駄にはできません……当然「Save time!」となるわけです。

先のブログでも書きましたが、10代・20代の生き方は大変重要です。我々はそこに大きな反省があっても戻ることができないので、少なくとも今からの時間を悔いなく使っていくしかありません。私の場合はその中心に仕事があり、文理がありとなるわけですが……。小学生・中学生・高校生・大学生諸君は10代・20代中心の若者です。まさに今の生き方が大切です。やるべきことに汗を流し、一生懸命に過ごしていってもらいたいです。ゲームや携帯電話に人生の大切な時間を奪われることのないように過ごしてほしいわけです。私が教室の責任者であった頃、塾生たちにこんなことを言っていました。「こんなに小さな機械(携帯やゲーム)に自分自身の人生を狂わされいるということに気が付かないのは筋金入りの馬鹿者だ!」と。

時間だけは戻りません。自分自身の人生に責任を持ち、自分自身の人生に真面目に……せっかくいただいた命。日々、悔いなく過ごしていきましょう!

そしてSave money……。いろいろな学習塾・予備校が静岡・山梨にはありますが文理は「授業料や年間費用をなるべく上げない努力をしています」のでご安心ください。『たっぷり教えて、料金控えめ!』が文理の特長の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA