【146】Let’s enjoy this autumn!

11月に入りましたね。気持ちの良い秋空の下、朝7:30に自宅を出て都留まできました。今日は新卒の入社面談・試験と土地の売買契約がメインのお仕事となります。入社面談は都留文科大学を卒業予定の方で、先ほど面接を終えました。都留文科大学は文理学院の都留本部近くにある教育大学です。その卒業生で塾教師の仕事に就きたいと情熱を燃やしている若者にこれからもたくさん入社してほしいですね。静岡でも山梨でも地元の教育大学で勉強やスポーツを頑張ってきた学生たちが文理に入社し、地元の子供たちの学習・進路指導や人間教育に携わるって、一言で「いい!」じゃないですか。今年からは中途採用と並行し「新卒採用」にも力を入れていますから、年を追うごとによい結果が出てくるといいなぁと思います。

さて、75期も1ヶ月が経ちました。現場では毎年3月・4月~翌年の3月までが1年といった括りですが、経営の側面からは10月~翌年9月が1年です。お陰様でいいスタートを切ることができていますが、気を抜かずに社業に邁進したいと思います。

以前から感じていることですが「いい仕事をして、お給料を会社からいただく」……当たり前のことですが、意外とその本質を理解していない人間も世の中多いように思うのです。「仕事をしているのだから給料もらうのは当たり前」、「(同じ仕事をしているのに)もっと給料が上がらないかなぁ」という感覚でいる人の給料は思ったほど上がらないものです。順番として「いい仕事をする」、「よい結果を継続的に出す」➡「周囲が認めてくれる」➡「お給料、ボーナスが増える」➡「役が上がる」……みたいな感じでしょうか。どんな場合でも「いい仕事をする」、「よい結果を継続的に出す」といったある種「直向きな仕事の仕方」を覚えないと、会社員だろうが自営業だろうがうまくいかないものです。そこに「驕りや勘違い」があっては道を間違うと思うのです。常に「直向きな姿勢」が大切であると思いますね。冬期賞与査定の時期を迎えて思うところを書いてみました。賞与……査定期間内で良い結果を出している社員・チームには個人的にもできるだけ報いたいと考えています。

11月も明るく楽しく成長の喜びを噛みしめてお仕事しましょうね!

今日の富士吉田から見る富士山。う~ん、素晴らしいね!!帰りも楽しみだ。

昨日の仕事帰り。よくいくとんかつ屋さんでミックスフライ定食。今期初の牡蠣フライは絶品でした!!帰宅すると「和楽」が届いていましたのでざっとページをめくりましたところ……旅心に火が灯りました。仕事の合間を縫ってあちこち出かけてみたいと思います。

文化に触れ、文化を嗜む秋。令和元年の秋は2度とない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA