【1,044】静岡特訓

9月新入塾生「9月授業料半額キャンペーン」

ホームページ記事 https://www.bunrigakuin.com/05september2022.php

8/17(水)新聞折込広告 https://www.bunrigakuin.com/info/?p=1887

納得の費用で高品質な教育サービスをたっぷり!

5/12(金)雨雨雨雨雨。午前中、長田校(静岡市)へ。羽鳥校の生徒たちは20日、21日に「特訓振替授業」があるため、ほとんどの生徒が長田校の子たちでしたが、明るい雰囲気でたいへん良かったですね。次回、第2回特訓では長田+羽鳥で盛り上がりたいですね!!

午後は豊田校と唐瀬校へ。今日は静岡市内の特訓会場3つの視察を。これで直接関わっているエリアはこの2日間ですべて見て回ることができ満足です。社員たちも本当によくがんばってくれていて嬉しい気持ちになりましたね。同時に「私も授業やりたい!」という気持ちがふつふつと。唐瀬校で久しぶりに会ったWくん(安西校の生徒)「先生、英語やってくださいよ」と言われ、これはこれで嫌な気は当然しないわけです。まぁ、半年教壇に立っていないのですが、そろそろ練習しておこうかなぁ、「新設校の開校」を視野に入れて。自分で言うのもなんですが、まぁまぁ上手に教えると思いますよ。「緊張と緩和」の授業で笑いも重視しますので!!

この特訓をきっかけに本物の受験生となったか。明日以降の君たちの行動が楽しみだ!!文理学院の中3生諸君!学調へ、教達検・校長会テストへ8月後半も実力に磨きをかけよ!

昨晩の深夜の会議が尾を引いているせいか、コロナの後遺症ではないが、今日は頭に靄(もや)がかかっている感じがぁしまぁすねぇ。昨日は16時間お仕事しましたので。自分で決めて仕事をしているにも関わらず、先ほど社員たちに「この会社、どうなってんだと思ったよぉ。こういうのをブラック企業って言うんだよなぁ」と言ったら、笑っていました。そう、笑いがないとね、笑いが。笑いの無い職場では駄目ですよ。もちろん「笑いの質」はとても大事ですがね。

「SDGsの日」感想・意見文⑤

富士市のある校舎から送ってもらった文です。頼もしいですね。成長の一助となれば幸いです。

子どもたちの成長に歯止めをかけないためには、大人が自ら学び続けなくてはなりません。私塾の教師としての学力は当然ですが、大人として「語ることができる」よう、世の中のことに関心を持ち、日々学習し、自分なりの意見を持ち合わせていなければ、どんどん成長する子どもたちの相手なんかできはしませんよ。

「子どもたちを元気にし、笑顔にさせ、前向きにさせ、目標を持たせて、その達成に向け行動を促す人—それが私塾のプロ教師」

今日の1曲㊴

The Who

英国3大バンドと言えば、ビートルズ、ローリング・ストーンズそしてこのザ・フー。1964年メジャーデビューを果たした彼らの全盛期は、私が生まれた1960年代後半から70年代であったようです。そしてメンバーがかなり個性的であったようで、興味のある方は調べてみてください。「I Can See For Miles」 「Won’t Get Fooled Again」「Squeeze Box」 「I Can’t Explain」 「The Kids Are Alright」「My Generation」「Heat Wave」「Anyway Anyhow Anywhere」
「A Quick One, White He’s Away」「Summertime Blues」 あたりが私のお気に入りですが、今回は「Pinball Wizard」をおすすめします。 理由は私が生まれた年、1969年にリリースされていることと単純にカッコイイ曲だからです。和訳では「ピンボールの魔術師」。そうそう忘れていました。この曲、どこかで聴いたなぁ~なんて思っていたら、エルトン・ジョンがカバーしていまして、この曲との出会いは彼の歌う「Pinball Wizard」でした。オリジナルのThe Who、カバーのエルトン・ジョン、どちらもいいですね。

気になったら聴いてみてくださいね。

★明日から3日間「お盆休み」となる関係で、社長blogの更新はありません……たぶん(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA