【378】半年終わります

今年も「夏越しの大祓い」の時期となりましたね。

1年の前半を無事に過ごせたことへの感謝、この半年間の罪や穢れを祓う儀式であり、同時にこれからの半年間を清らかな気持ちで過ごせるよう祈る神事です。ここ数年毎年、静岡縣護国神社の「茅野輪」をくぐるようにしています。昨日の夜、「ひとくぐり」させていただきましたが、正式なくぐり方をしなかったので、後日しっかりとくぐってきたいと思います。

6月は振り返りの月ですね。正直、この2020年は全世界的に災難の年となってしまいましたね。それでも私たちは前を向いて進んでいかなくてはなりません。振り返りと言えば、ちょうど先ほど本社からメールで「第3四半期の総括」を書くように指示がきました。学研HDは9月決算であるため、文理学院もそれに合わせて決算月を変更しましたので、第3四半期とは4月・5月・6月の3か月を指します。例年であればこの時期は他のタームと比べ書くことが少ないわけですが、今年は「新年度生募集」とともに「コロナ禍での社としての工夫・活動・成果」(オンライン授業、夏期講習生募集の工夫など)に関しての報告を書くことになります。どの業種でも大打撃を受けたこの3か月。幸いなことに㈱文理学院は全社員の協力、そして塾生・保護者の皆さんの多大なるご声援、ご協力の下、何とかこの厳しい状況を乗り切った感があります。本当に心から感謝の半年、そしてこの3か月でした。ありがとうございました。

実は周囲の方々から次のようなことを個人的に言われていました。

社長就任2年目が真価を問われる大事な1年だぞ!

(個人的に)2020年はこの数年で1番多難な年になりますよ!

こう言われてスタートした2020年でしたが、本当にその通りの1年だなぁと思うわけです。まだ半分終わっただけですので、まだまだ気を抜けないわけですが……2020年の残り6か月は2021年大飛躍への助走の時間とすべく、仕事に邁進していきたいと思います。

🧤⚾👨

日本ではプロ野球が開幕し、ここまで6試合が行われました。我ら「広島東洋カープ」は3勝2敗1分とセ・リーグ3位につけています。試合内容はまずまずで打線も悪くない。個人的には堂林選手が戻ってきたことに注目しています。1,121日ぶりのホームランを放つなど、今年の活躍を期待できる感じがしていますね~。年齢も28歳と選手として脂がのってくる頃。妻の枡田絵里奈さん(元TBSアナ)も喜んでいるでしょう!まずはカープのセ・リーグ優勝へ向けて大活躍をしてほしいですね。期待しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA