【26】良縁

5/27(月)は都留本部にて教材販売業者2社との顔合わせ、郡内地区の会議、夜は授業3コマといったスケジュールです。初夏ではなく本格的な夏のような気候となっているこの数日ですが、皆様体調を崩さぬようご自愛ください。私はかなり元気です(笑)。

今日はNHKラジオ放送を聴きながら静岡市から都留市まで車を走らせてきましたが、たいへん興味深い内容を2つ聴くことができました。1つは昭和天皇にまつわるアーカイブ、もう1つは浪曲です。昭和天皇に関してはそのお人柄、植物学研究者としての一面、8/15終戦へ向けての軍隊との鬼気迫るやりとり、人間宣言と盛りだくさんの内容でした。いい刺激をいただけました。浪曲は三味線を伴奏とした語り芸で、日本の古典芸能です。「浪花節」ともよばれるこの芸能は明治時代に始まったそうですが、今日ラジオから流れてきたものは本当に面白くて1人で大笑いしながらの運転でした。「男流」の……名前が出てきませんが……引っ越した家のガスコンロを消し忘れて出かけて、そわそわするといった中身のお話でしたが、いっぺんにファンになってしまいました。早速、一般社団法人「日本浪曲協会」のサイトを調べると、浪曲カレンダーなるものがあり、ラジオではいつかかるか、どこで演目を実際に聴けるかなどが紹介されていました。休みの日に聴きに行ってみようと思います。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

話はお仕事に戻りますが、正午から教材販売業者の営業担当と1時間おきに顔合わせをしました。話がいろいろな方向へいき大変面白かったのですが、その1人に「日本の端っこや尖ったところへ旅するのが好き」だという方がいらっしゃいました。変わった方だなぁと思いながら話を聞いていましたが、旅心をくすぐられてしまいましたなぁ。なぜ、そんな話になったか……それは「20代、30代で滅茶苦茶働いたほうがよいよ!」と理由など含めアドバイスしたのと同時に「仕事だけでなくたくさん遊ばなきゃだめ」と話をしたことをきっかけに、旅の話になり……。私の言う「遊ぶ」の意味は「色々な場所へ実際に足を運び、本物に触れ、感動する」ということです。私の経験上、20代,30代で仕事でも遊びでも多くの経験をしておいたほうが、その後の人生が大きく変わってくるように思えるからです。「身銭を切って遊ぶ」ことの大切さに早く気付いたほうがよいですよ。また、その中で最も大切なことは「出会い」です。「どんな人に出会い、どのようなことを学び、どのように生きるか」……は人生において大切なことの1つだと思います。残念ながら、その出会いに気づくことなく終わってしまう人もいれば、せっかくの出会いを生かせずに終わってしまう人もいます。逆に、その出会いを自らの成長に変え、素晴らしい人生を歩んでいく人もいます。そして、「出会い」とは人だけではなく、書物であったり、映画であったり、風景であったりもします。私は35歳の時に文理学院で働きだしたことが、仕事面でもプライベートの面でも、直接的・間接的に様々な「いい出会い」に繋がっていて、生き生きと生活できている今があると思っています。

夏期講習生募集中!文理にはいい出会いがある。熱い教師、目標をもったライバル、励ましあえる勉強友達…令和の夏は文理で決まりだ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA