【1】はじめまして。よろしくお願いします!

2019年4月1日(月)に学研グループ㈱文理学院の代表取締役社長に就任いたしました小倉 勤(おぐら つとむ)と申します。これまで富士宮西校舎⇒中島校舎⇒唐瀬校舎⇒長田校舎⇒中原校舎⇒そして、今年3/22(金)に開校しました豊田校舎と授業・校舎運営に携わりながらブログを書いてきましたが、立場と役割が変わりましたので心機一転「社長ブログ」としていろいろと綴っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いします!

社長・・・といっても一般的に想像される社長さんとは大きく異なり、私の場合「なんでもやる社長、なんでも屋」ですので、どっしりソファに座って・・・とか、部屋に籠りっぱなしで・・・といった仕事の仕方ではありません。静岡市を拠点に、山梨県の都留市、富士吉田市、甲府市へも会議で毎週行きますし、多いときは月に3~4回東京へも行きます。静岡市(豊田校)では英語の授業も担当しますので、ちょっと変わった社長かもしれませんね。

昨年10月~今月までの半年間に①就業規程・賃金規程・育児介護休養規程の作成、②全社の人事、③4月からの給与改定と、会社・社員にとって大変大きな仕事を行ってきました。やっと、すべての仕事においてゴールが見えましたので、少しほっとしているところです。

最近の仕事上での喜びは「社員が明るく、前向きに仕事に向かっていること」です。会議に出て、みんなの意見をじっくり聞いたり、私なりのアドバイスをしたり、全体に訓示を行ったりしていると、なんといいましょうか、顔つきがみるみる変わり、笑い声がでて、意見を言うようになり・・・そんな社員たちを目の当たりにしていると、「もっと活躍の場を与えたいな。もっと成果に報いたいな。もっとやりがいを感じてもらいたいな。」などと、心が躍るんですね。

『忘己利他』・・・自分のことはさておき、周囲の人たちのために汗をかく・・・このことが仕事の大きなやりがいであり、大袈裟ではなく「生きがい」となっています。そして、私の目標は『塾生と保護者のみなさんが文理を選んだことを心から喜んでもらえる学習塾運営』であり、『文理学院を日本で一番働きやすく、やりがいの持てる学習塾にする』ことです。その目標を達成するため、これからも「同志」とともに邁進していきたいと考えています。

今回は1回目ということで、少し固めのご挨拶と決意を書かせていただきましたが、実のところはちょっとユニークな人なんですよ。これからのブログでは、そんな一面も出しながら「社長」という肩書に囚われずに書いていきたいと思います。

これから「新米、小倉」をどうぞよろしくお願いします!!

追伸:写真は先日の東京出張時に聖路加で撮った1枚です。親子が楽し気にお話をしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA