【179】人間がわかる

いい言葉をまた見つけました。

何もない人生

金が無いから身体を張って汗を流し

人脈が無いから大きい声で存在を主張して

信用が無いから時間と金銭の約束を守り

頭が無いから本を読み、人の意見を聞き

根性が無いから逃げ道をふさいで前だけをみて歩き

嫌ことを言ってくれる人を信頼し、師と仰ぎ

褒めてくれる人を特に警戒し

今は何も無いが、何も無いことを最高の武器として闘う

自身の生き方と共通しているこれらの言葉。だから共感できる。しかし、共感できるということは、自分の中にすでにそれはあるということですから、「共感できないこと」にも興味を持つことが自身の成長に繋がります。視野を広く、耳をダンボに(笑)。

お金の使い方も大切ですね。近年、「モノからコトへ」という言葉を耳にします。お金の使い方も物質的欲求を満たすためではなく、いろいろな体験に費やすほうが人生が豊かになると思って生きてきましたが、今でもその考えは変わりません。モノは無くなったり、壊れたりしますし、死ぬ間際にまで持っていくことはできません。コトは一生無くなりませんし、死ぬ間際でも思い出として持っていることができます。お金の使い方でその人がわかる面もあります。

「人生最高レストラン」という番組の冒頭に、「君が普段食べているものを言ってみたまえ。そうしたら君がどんな人間か言い当ててあげよう」みたいなテロップが流れますが、それと同じで「何にお金を使っているかで、その人がわかる」と私は思います。私は圧倒的に「食事と旅行」です。この年末年始も久しぶりに九州へ。本を2~3冊持って新幹線でね!現在復興中の熊本城などを巡りますが、数年ぶりの九州ですので、今から心が躍ります。

貴重な体験を通してでしか得ることができない時間と人生がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA