【502】老舗の神髄

11/17(火)晴れ。乾燥に気をつけましょうね。「お肌、喉、火の元」と同時に「心」も乾燥しないようにね!

冬期講習生募集中!

各地区で申し込みが増えてきています。甲府地区の中1・中2冬期講習企画はこれまでの企画を一新した内容となっています。それに伴い「授業研修」も充実させているわけですが、先日「テキスト変更したからもう少し研修で先生たちをフォローしたいね。有志だけで別で英語研修やらんかね。」と提案したところ追加で3日間実施の案が出てきました。そのうち2日出ることができるため参加させてもらいます。双葉校の中2英語はほぼ全単元担当するため、有志研修の際には私も授業を見てもらおうと思います。「最高の授業を提供する」ための準備は学習塾教師として当たり前の仕事です。羽鳥校の中2英語も担当するため色々なお仕事と並行しての準備は大変です。(特に2021年度新設校の生徒募集準備には時間を要しますのでね)双葉校は「重要単元復習3回+2月定期テスト準備3回」という企画ですし、羽鳥校は「完全学調対策で実力を磨く5回」ですから指導内容がまったく異なります。だからこそきっちり準備して、両校舎の運営に貢献できるよう尽力したいと思います。

coffee break

以前、京都を訪問した際に訪れた老舗喫茶店「スマート珈琲店」。寺町にあるお店にはもう何度か訪問していますが、その都度食べるものをチョイスしています。お気に入りベスト3は①フレンチトースト、②たまごサンド、③プリンでこの3つは甲乙つけがたいです。朝8時から開いているのですが、京都はこういった「喫茶文化」が根付いています。出勤ルートにもこのようなお店があれば、出社前に寄っていきたいのですが、私の知る限りこのような早朝から美味しいコーヒーと美味しい軽食を出すお店は無いように思います。京都には他にもお気に入りの喫茶店があります。「逃現郷」(とうげんきょう)というお店は深夜までやっているため、いい音楽を聴きながら夜を過ごすには最高です。「菊しん」というお店はめちゃくちゃ狭いですが居心地の良さを感じます。両店で気づいたのはミルです。豆を挽く機械ですが同じものを使用していました。調べてみるとボンマックという会社のものらしく、Amazonでは16,300円で購入できるようです。赤いものの購入を検討しています。あ~、豆を買いに行きたくなりました。

🦆🦆🦆

地位や名誉を追い求めることなく、自分の仕事に一途に打ち込み、そこに命を懸ける。組織を永続させる秘中の秘は、この一途さに尽きる

この言葉は老舗研究50年の社会教育家である田中真澄さんの言葉だそうです。文理学院も来年創業40周年を迎えます。学習塾の中では老舗の1つになるのでしょうか。いい言葉ですし、大変共感できます。「時代が変わっても、時代を越えて生き続けるものがある」わけですが、文理学院も山梨・静岡の地でそんな会社として続いていければいいですよね。

さて、今日はこの後「入社面談・試験」と「企業紹介VTR」の取り直し作業があります。今週はなかなかタイトなスケジュールとなっていますので、1つひとつ心を込め、忙しくても雑にならないようお仕事を進めて参りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA