【346】早速、チラシ効果

5/21(木)曇り。少々肌寒いですね。

今日は午前10時前から仕事を開始し、運営戦略役員会を2時間、ランチ、お仕事、そして……

4/10(金)ぶりの授業!👨

え~、そんなにやってなかったかぁ~~。羽鳥校中3の復習授業ですが、オンラインで1度指導を終えた「3年生の不定詞を振り返る……単元テストのために」です。

It is fun for me to play soccer.

I know how to play the guitar.

She asked me to wash the dishes.

以上のような内容で単元テストを後日実施しますが、その前の振り返りの授業です。少し予習をしておきましょう、授業時間を無駄にしたくないので。

校舎ブログでも「対面授業って本当にいいね~」と改めて書いてあるものが多いです。ぜひ、お読みいただきたいと思います。アフターコロナでは、それまで当たり前であった何気ない日常が、本当にありがたいことだったのだと、人々の価値観も大きく変化していくのでしょう。その中でも変わってはいけない価値観もあるはず。教育者の端くれとして、あらためて思うことは「対面に勝る指導なし」ということです。

夏期講習について👩

345ブログにも書きましたが、このブログをお読みの「塾生以外の方々」にお伝えしておきたいことがあります。それは「例年以上に様子をみて、料金・授業数・内容などを吟味して、夏期講習に申し込んだほうがよい」ということです。理由は簡単です。

理由1:学校の夏休みの予定が出ないと、その夏期講習に参加して満足にすべての授業が受講できるかわかりませんよね。午後にも授業があったり、修学旅行などの学校行事があったり、すでにそのような情報が出てきています。

理由2:授業コマ数、内容、料金など、比較して夏期講習を決めたいですよね。地区ごとの主な学習塾の夏期講習予定が出揃うのは6月中旬とみています、私は。(文理学院では現在、学校の状況を調査中です。やはり6月中旬ごろの発表になると思いますが……まだはっきりとはお伝えできません)

一番伝えたいのは、後悔しないためにも比べるべき。比べるためには候補として検討しているすべての学習塾の夏期講習情報を待ったほうが賢いです!!もちろん、文理学院は学校情報を基に「一番よいと思われるスケジュール、授業数、料金で夏期講習を準備させていただきます」少々、お待ちくださいね!!

。。。と、書きつつも、いま、一番のおすすめは

6月入塾です!

先ほど、さっそくお母さまと生徒さんが羽鳥校に。明日の中1の授業に参加してくれます。なぜ、6月入塾がおすすめか。「入学金無料+6月授業料半額+夏期講習費用無料」だからです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA