【141】昨日のお話

昨日の会議……何度もトイレに立つ始末で久しぶりに体調を崩しながらの参加となってしまいました。寝不足と疲労からかと……。結果、発表時には笑いが取れず、福住社長の振りに対して答える時だけみなさんに笑顔になっていただきました。やはり、笑顔と笑いは大切です。調子がいい時だけではなく、調子が悪い時にも。笑顔と笑いは必ずよい方向へ私たちを導いてくれます。

昨日、写真の「生徒を鼓舞する言葉集」が完成したと報告がありました。学研塾ホールディングスの各社にご協力をいただき、大変すばらしいものができてきました。会議中、話を聞かず読み入ってしまった時間帯がありましたこと、発表者の方には申し訳なかった…としながらも、それくらい読んでいてやる気をもらう「言葉集」。各社の現場でご活躍の講師陣の熱量が伝わる冊子となっています。

この発刊に関して一番大変なご苦労があったのは塾ホの松原様だと思います。松原さんとは文理学院がグループインしたころから、英語の補助教材の版権使用申請に関してお力を貸していただいたり、教務力向上委員会においても多数のご配慮をいただいたりと大変お世話になっている方です。現在、私に代わって中川執行役員がその委員会で「授業研修担当者の研修」に関してリーダーを務めていますが、彼も「松原さんには助けてもらっています。会議が止まると、ちょっとした言葉を投げかけてくれ会議が進む時があるんですよ」と聞いています。

どの仕事もそうですが、必ず「縁の下の力持ち」のお陰でよい方向へ進んでいくものです。その意味では松原さんの存在は私からみても助かるなぁと感じています。今回の冊子作成についてもかなりの時間を費やしてくれていたと風の便りに聞いていましたので、本当にうれしくありがたく思っています。松原さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

㈱イング様、改めまして50周年おめでとうございます!

同じ学研グループで大阪を中心に校舎展開をする㈱イング様が9月上旬に50周年を記念する式典を行いました。弊社からは祝電とお花を贈らせていただきましたが、昨日青木社長からお礼の品をいただきました。ご丁寧にありがとうございました。エリアは違えど、同じグループの学習塾ですので、お互い刺激し合いながら地域に根差した学習塾運営をしていきたいですね。

本当におめでとうございました。私たち㈱文理学院も、地域の皆様から永く愛される企業を目指して力を尽くして参りたいと思います。

追伸:ソフトバンク・ホークス、日本シリーズ優勝おめでとうございました!いや~、強かったですね。流石のジャイアンツもあれではどうしようもない。確かに勢いに乗ると止まらないのがホークスですから、短期決戦では強さを発揮しやすいチームかもしれませんね。私は広島カープファンなので(文理学院には広島ファンがいまして、私の知る限り高等部大月校の馬場校舎長、小瀬校の望月さん、富士宮駅南校の向井さんは筋金入りですよね)来年はまた頑張りたいと思います。しかし、今はラグビーの虜(笑)。テレビで日本代表選手が出ていると、やはりそちらのチャンネルをカチャカチャ合わせてしまいます。。。カチャカチャって、死語か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA