【66】未来を拓く一歩

7/26(金)は午前中に大きな買い物をしました。6,000万円の買い物です。予定されていた新設2校舎のうちの1校舎の土地取得のための契約です。社長就任後初めての不動産売買契約ということもあり、少々緊張しましたが「また1歩文理の未来を拓いた」感じがして心が躍りました。もう1か所の契約も近々あります。私にとっては大変責任が重く、大変大きな仕事です。自身の人生にとっても大変貴重な経験です。

午後は中3英語を3コマ。「対話文読解」の指導でした。生徒の真剣さに私も熱が入りました!!授業、本当に充実しています。錯覚かもしれませんが、年々授業がうまくなっている気がしています。「クラスに合わせたメリハリの利いた授業」に磨きがかかっているように感じます。たぶん錯覚ですが(笑)。

高等部の西田先生(英語のスペシャリストです)と小1時間話をしました。英語の話ではなく「平和教育の話」です。広島、長崎・沖縄・知覧(鹿児島)・サイパンと立ち話をしたのですが、横で聞いていた鷲山先生が涙を流していました。望月校舎長が「広島へ子どもを連れて行きたい」と言っていました。西田先生とこのような話ができると思っていなかったので、私にとっては凄く新鮮な時間でした。実は昨日「裏リクルート」(笑)の仕事で会食した方が西田先生をご存じで、その話を伝えた延長線上で「戦争」の話となったわけですが……世間は狭く、ご縁は深く……いろいろな面で感謝感謝の毎日です。

2019年5月 広島にて撮影

明日、静岡市で開催予定であった「安倍川花火大会」が台風の影響で中止となりました。昨年も中止だったのですが……「打ちあがらなかった花火のその後」が大変気になります。誰か知っていたら教えていただけますでしょうか??

さて、7月もあと数日。令和元年もあと5ヶ月となりました。更に前へ前へ進んでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA