【344】Red Zone

5/20(水)晴れ。通常水曜日は甲府ですが、今日まで甲府エリアはオンライン授業で、私の授業の出番はないため、羽鳥でゆっくりお仕事です。

🐶🐶👩🐶

学研グループの一員ということもあり、文理学院では「学研教室」さんとのコラボを積極的に推進しています。昨日までに静岡事務局(長谷川様)・甲府事務局(深澤様)から①併設教室での受講児童数、②学研教室から文理学院への引継ぎ児童数、③今後の併設予定についての報告がありました。コラボ自体は2018.10月開催の「静岡県高校入試説明会」(小森校舎長、望月校舎長、私で担当)を皮切りに、コラボチラシ、文理学院校舎への併設などを行ってきましたが、昨日までの報告で改めて「確信」を得ることができました。「併設学研教室」の児童数が大幅に増えていること、そして「文理学院への引継ぎ生徒数」も大幅に増えているのです。「文理方式」と呼ばれるこのコラボの形は2019.10月から実施していますが、1年足らずで目に見える成果が出始めています。これも、このコラボの考え方や目的・目標を十分に理解していただきながら、現場で活躍されている学研教室の指導者の皆さん、並びに事務局のスタッフのみなさん、そして併設校の文理学院の校舎長、教師の皆さんのお陰です。本当にありがとうございます。少々、厳しい話をすれば、このコロナ禍で学習塾・予備校は更に淘汰される時代に入りました。個人経営塾はもちろん大手予備校でも予断を許さない「レッドゾーン」に入ったことは間違いありません。その厳しい経営環境の中でも、文理学院は塾生とその保護者の皆さんを第一に考えて、同時に私たちが生き残っていくために、知恵を絞り、汗をかき……。そう。学習塾として文理も学研教室も生き残るための大きな策の1つが「文理方式での学研教室とのコラボ」でもあるのです。

お知らせです。

明日、5/21(木)文理学院が校舎展開する地域で新聞折込広告が出ます。白黒のチラシです。ぜひ、ご覧いただきたいと存じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA