【207】いい仕事しようぜ!

1/28(火)は夜まで羽鳥校の「英語個別指導&対応」のため、出社をいつもよりも遅らせて久しぶりの「セノバ」へ行ってきました。静岡市にある商業施設で、昔々は「新静岡センター」という建物でした。静岡鉄道が経営・管理する施設ですが、私からすると「静岡市民の好みをよく掴んでいる店舗と品揃え」だと感じています。よく来る場所ですが、この数か月は色々多忙で来ておりませんでした。7階に車を置き、エスカレーターで地階まで下がりながらいろいろ物色し、お気に入りのillyで珈琲とチョコを。昨日、羽鳥校で白石校舎長と珈琲の話になって、久しぶりにillyをいただきたくなり……。

やはり美味しいのですね~illyは。そこで量り売りしているチョコを食べてみると、これまた美味しいので、24個買ってみました。その購入数に店員さんがとても驚いていていました。私も「合計で5,800円(くらい)です」と言われ、ちょっと驚きました!うん、確かに先ほどのレシートを見ていなかったので、グラムで幾らするのか理解していませんでした!1個240円ほどするということです、こんなにちっちゃいのに。しかし、深呼吸して冷静になってみると「これもちょっとした贅沢で、喜んだり、喜ばれたりするのであれば高い買い物でも、勿体ない話でもないなぁ」なんて思い買ってきました。羽鳥校のメンバーと、学研羽鳥教室のメンバーなどへお裾分けします。

羽鳥校と言えば、先日「第1回新年度説明会」を終えましたが、その後、説明会参加者が日に日に増えています。静岡県学力診断調査(学調)結果と個人成績表が出始めたこと、また羽鳥校専用チラシが予定通り地域に浸透してきたことなどが、申し込みに繋がっているようです。また、近隣の塾の授業料ダンピングがあり「文理学院が進出してきたので、授業料を下げないと……ですかね~」という保護者からの意見も耳に入ってきており、確実に文理学院が羽鳥・藁科地区を中心に浸透していっているのがわかります。一番は「文理に通わせたら、我が子がこれほど前向きに勉強に取り組むのか!!」と目を丸くしている保護者の皆様からの口コミではないでしょうか。

そうです、私たちは「生徒の姿勢から大きく変えさせます!」

いろいろと予定・想定通りに進んでいますが、まだ終わりません。「静岡市でも一番評価される学習塾をつくる」ことが私の、私たちの目的であり、目標であり、使命ですから。

最後に社外のことで耳に入ったので、ちょっと書いておきたい。

人生50年もやってくると、最期に「いい仕事をした」と思いたいものだ。それはお金儲けではなく、売上や利益ではなく「人様のために何ができたか、何が残せたかーつまりは利他」である。会社のために売上や利益を優先して追求することで、己の仕事の1日が終わっていくって、寂しいよなぁ。特に、我々やあなたが存在する学習塾・予備校の業界で、売上・利益のことばかりを考えたり、利己的な考えにまみれたりするような1日1日を過ごすなんて、大変寂しいことであり、ある意味恥ずかしことだと私は感じるよなぁ。「塾・予備校教師として、塾・予備校運営に携わる者として、いい仕事をして一生を終えていこうや!」この仕事ほど利他を追求でき、人様のお役に立つことができる仕事はそうはないよね。ただし、君はその場所にいても仕事において大きな悔いを残すだろう。生徒やその保護者、地域のために汗をかいて「いい仕事」をすることこそ、最期には晴れ晴れした気持ちで、清々しい気持ちであちらへ行けるのではないかと思うね。人の持つ価値観はそれぞれ違うし、いろいろな考え方があってよいと思う。家族を大切にするのも、友達や仲間との時間を大切にするのも間違ってはいない。それでも仕事と関わる時間は膨大だ。その「仕事時間」を自身の一生において本当に輝ける時間、有意義な時間、自慢できる時間にすること……それって、いろいろなものと比べてみても全く遜色のない素晴らしいことだと僕なんざぁ思っちゃうよね。

職場を変えたことで人生において大切なものをたくさん得ることができた。職そのものは変えなくてよかった。好きな仕事だからね。家族が反対したとしても変えることはなかっただろう。場所は変えてよかった。変えたことで考え方が大きく変わった。改めて、心の底から「文理学院で良かった」と思うね。

いい仕事、しようぜ!人様の利に供するため、汗かいていこうぜ!人間の存在意義、存在価値って、そこなんじゃないかと思うね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA