【552】予想を裏切り

安西校情報⑥

1/19(火)は朝9:30からお仕事開始。「安西校」説明会用PPT資料を完成させました。

25ページほどの資料ですが「自信作」です!作りながら頭の中でリハーサルを終えました。いつでもわかりやすく、参加者がやる気になる説明ができますよ。明日にでも……って、第1回説明会は…

2/6(土)午後7:30羽鳥校にて開催!

ですね。そしてそして…

明日1/20(水)「安西校専用白黒広告」が末広・籠上・賤機中学区を中心に20,000部投函されます!

表も裏もよく読んでくださいね。この春、学習塾を選ぶなら絶対「文理学院」です!

🐶🐶🐶

昨日の甲府ブロックの「中学準備講座英語編」の研修会。充実していました。とにかく社員の力がついてきているのが実感できるので、毎週甲府へ行くのが楽しみです。

もちろん、褒めるところばかりではありません。「研修は更に彼、彼女の授業力を引き上げるための具体的且つ実践しやすいことを提示する場」でもありますから、アドバイスや指摘は当然していきます。それでもこの1年、授業に校舎運営に、思考・発想に力がついてきているのは間違いありません。「組織づくりには3年かかる」と言います。その3年目を迎えるにあたり「近未来への青写真」を描くことができるまでになってきたことに感謝。

昨日の「News23」でSDGsに関する内容の1つとして「水素エネルギー」に関する特集をやっていました。「水素+酸素で電気エネルギーを作り、排出するのはお水だけ」ということで、これからの社会、特に資源の乏しい日本にとっては画期的なエネルギー源となりえる「水素」。私もそう思っています。

これに対して「脱炭素社会実現」を掲げる政府がどこまで本気でやるかが今後の大きなカギとなるわけで、その試金石と言えるのが旧年末に閣議決定され、今月の通常国会で可決を目指す2020年度第3次補正予算。これには「経済構造の転換・好循環の実現」という大きな柱も打ち立ててあり、まさに「2050年に日本の温暖化ガス排出実質ゼロ」へ向けた予算の組み換えであるのです。この補正予算では「環境車に対する補助金」も含まれており……個人的にはここを注視しています……水素自動車(FCV)に乗り換えを決めたのは、実はこの補正予算に関する報道を見たためでもあります。毎日、新聞やニュースをつぶさに見ているといい情報を得ることができます(というか、興味があったり、自分自身に関係があることしか目に飛び込んでこないような気もしていますが(笑)個人的なことはさておき、発電において今、最もクリーンで安全なのはやはり「水素を活用すること」だと思います。政治は本気で未来のエネルギー政策に舵を切ってもらいたいですね。その際、火力発電は勿論のこと「原子力発電」をゼロにする必要がおおいにあります。昔からの持論ですが「原子力に頼っては絶対にいけない」のです。「核のゴミ問題」に揺れる自治体の記事もここ最近よく見かけますよね。

「SDGs的発想が子どもたちの未来を、地球の未来を救う」のだ!

以前、教え子がくれたTシャツのデザイン画です。しかし「もうこうではないぞ~!」ってお話。

ジム通いをしていることを以前書きましたが、続けています。社内の一部では「正月明けたら行かなくなるよ、きっと」との噂が回っていたようですが「いい意味で予想・変な期待を裏切る」のは得意分野(笑)ですので……。必ずといっていいほど「ホットピラティス」、「ホットヨガ」をやるのですが、一部のご婦人方から「いつも1番ですよね」と声をかけられるくらいになりました。「いつも1番」とは……コロナ対策で「Cスタジオ」(ホットスタジオ)は限定15名。レッスン開始時刻30分前から整理券が配布されるのですが、私は性格上、時間には余裕を持っていたいのと「ホット〇〇」を目的に通っていることもあるので、絶対に15名に入らないと困るわけです(笑)ですから、整理券配布の10分前には並び「1番」を取るようにしているのです。しかし、昨晩……私より先に並ぶご婦人が……。すると挨拶をされて「どうぞ、どうぞ」と「え??」と思ったら「いつも1番ですよね。どうぞ!」と、1番を譲ってもらいました。1番を取ると、入場も1番になり、好きな場所を確保できます。私の好きな場所は先生から一番遠くて、出入り口に一番近い、なるべく目立たない場所(笑)体が硬いこともあり、コロコロ転がって恰好悪いのでね(笑)。で、何を言いたいかといえば…

それくらい「頑張るおじさん」として目立つほど真面目にジム通いをしているのだ!!

ということである。その結果、1月8日から1.6kg、12月上旬からは3.3kg体重が落ちましたよ(笑)4/23(金)「特定保健指導日」へ向けあと約3kgを落とします!!

勉強も運動もみんなでやれば効果大!勉強は「集団指導のプロ」が集まる文理学院で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA