校舎情報

山梨/大月校

山梨/大月校

ホーム > 校舎を探す > 大月校

画像

大月校の校舎

電話【小・中】
0554-23-3786
電話【高】
0554-22-3945
コース
  • 小4
  • 小5
  • 小6
  • 中1
  • 中2
  • 中3
  • 高1
  • 高2
  • 高3
住所
〒401-0013
山梨県大月市大月1-8-11
  • 文理学院小中学部の校舎ブログ
  • 大月校(小中学部)
  • 文理学院高等予備校校舎ブログ
  • 大月校(高等予備校)

小・中学部の校舎長メッセージ

大月校小中学部には大月市の小学校・中学校から多くの生徒が元気よく通塾しています。小学生は大月東小学校・猿橋小学校・鳥沢小学校・初狩小学校から、中学生は大月東中学校・猿橋中学校・都留第二中学校・上野原西中学校から集まっています。

 

大月校の指導方針として最も大事にしていることは「楽しく学ぶ」ということです。毎日の学習を通して、生徒たちの成績を向上させていきます。その毎日の学習を前向きな姿勢で取り組まなければ、なかなか成果は出て来ません。勉強することは「辛い」・「大変」といったイメージがあるかもしれませんが、出来ないことが出来るようになることは本来「楽しい」ことなのです。大月校の授業を通して、出来ないことを一つずつ出来るようにして勉強の「楽しさ」を伝えていきます。

また、大月校では学力の向上だけではなく、学習を通じて精神的な強化をはかり、「タフな子」に成長させることも狙いとしています。要領よく物事を行うことは重要なことです。しかし、それだけでは精神的な成長は少ないでしょう。だからこそ、普段から大月校では物事にとことん取り組むことを前提として授業を行い、また、生徒たちの成長に必要な課題を与えていきます。それは、高校進学後、社会に出て困難に直面したとき、前向きに立ち向かえる人、つまり「タフな子」になってほしいからなのです。

もちろん、大月校に通塾する生徒たちが前向きに学習できていなければ学力も精神的な成長もないでしょう。目標を持つことで前向きになれる生徒や、結果が出るから前向きになれる生徒、きっかけはさまざまですが、大月校には前向きに頑張れる生徒が数多くいます。そんな生徒たちに感化されて周りの生徒たちも頑張ることができています。安易に上限を設定するような勉強では、成長はありません。現時点の能力よりも高いハードルを乗り越えようとするからこそ成長するのです。

ぜひ一度、大月校の授業を体験してみてください。

校舎長

校舎長/渡辺 健

高等予備校の校舎長メッセージ

大月校は、都留高校から徒歩5分、大月駅から徒歩3分というたいへん好立地なところにあり、都留高を中心に上野原高、都留興譲館高のほか、日大明誠高や都内私立高など様々な高校の生徒が通っており、日々お互いに切磋琢磨しています。

大月校では、「塾に通わせてウチの子は変わった。」という保護者の方からの嬉しい言葉をいただくことがよくあります。「別人のように勉強するようになった。」と。

大月校が目指しているのは、1位や難関大合格ではありません。大月校が目指しているのは、生徒全員が常に自己ベストを目指し、お互いに競い合い、夢中になって勉強に取り組むようになれる環境作りです。そんな環境に身を置けば、生徒は自ずと勉強するようになり、成績は上がり、最終的にはNo.1になることも難しくはないのです。実際に大月校は連続地域最高実績を獲得しており、これはそういった環境から生まれてきたものだと考えています。

大月校は、日々の学校の授業の予習から、難関大受験まで、高校生のことなら全部面倒を見ます。勉強面で何か少しでも不安なことがあれば是非お気軽にご相談ください。

校舎長

校舎長/馬場 真也

入塾・見学のお問い合わせ

  • メールでのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ