お知らせ」カテゴリーアーカイブ

文理学院からのお知らせです

新型コロナウイルスの状況報告について

新型コロナウイルスの拡大が続いており、誰でも感染する可能性があります。
社員が罹患した場合は、お客様に不要な不安を与えないよう、情報開示をしていきます。

新型コロナウイルス罹患情報

令和3年1月7日、山梨県甲府地区 女性社員の罹患が判明いたしました。
当該社員は、1月7日、親族の濃厚接触者に該当するためPCR検査を受けたところ、陽性であることが判明しました。

尚、令和3年1月8日に保健所のご判断としまして、濃厚接触者に該当するものはおりませんでした。念のため、接触の可能性がある教師・生徒全員にPCR検査を実施いたしましたが、全員陰性が確認されております。
校舎内の消毒は1月9日に終了しており、授業は1月12日より再開しています。

今後も引き続き、生徒の皆さん・保護者の皆様に不安を与えないよう、努めて参ります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

新型コロナウイルスの状況報告について

新型コロナウイルスの拡大が続いており、誰でも感染する可能性があります。
社員が罹患した場合は、お客様に不要な不安を与えないよう、情報開示をしていきます。

新型コロナウイルス罹患情報

令和2年12月31日、山梨県郡内地区 男性社員の罹患が判明いたしました。
当該社員は、12月30日夜、発熱のためPCR検査を受けたところ陽性であることが判明しました。

尚、令和3年1月1日に、保健所の指導の下、現場検証をいたしましたが、濃厚接触者に該当するものは認められませんでした。念のため、接触の可能性がある教師・生徒全員にPCR検査を実施いたしましたが、全員陰性でした。
校舎内の消毒は1月2・3日で終了しており、授業は1月6日より再開しています。

今後も引き続き、生徒の皆さん・保護者の皆様に不安を与えないよう、努めて参ります。
ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

奨学生制度のご案内について

2021年1月吉日

 

文理学院「奨学生制度」のご案内

 

山梨県・静岡県に33校舎(2021年4月より34校舎)を展開する㈱文理学院では2021年3月より「奨学生制度」を設置することとなりました。(詳しくは別項の「奨学生募集要項」をご参照ください)

弊社では2019年9月以降、SDGs(持続可能な開発目標)への諸活動を行ってまいりました。SDGsの17のゴールのうち、主に7つのゴールへ向け①質の高い教育のための指導力向上、②節電・紙の使用量の節約、③女性活躍推進、④子ども食堂への寄付などを具体的に行ってきました。これらの活動は社として引き続き推進してまいります。

今回の「奨学生制度」の設置はSDGsのうち4.「質の高い教育をみんなに」のゴールへ向けての制度です。また、文理学院を学び舎とした塾生たちが社会貢献できる人材として羽ばたいていってほしいという願いと、弊社社員たちがこれまで以上に誇りをもって教育に携わっていってほしいという願いもあり、8つ目のゴール「働きがいも経済成長も」を視野に入れた「社としての決意」であります。

「文理学院奨学生制度」は、他の学習塾・予備校などで時折見られる「特待生制度」(学力の優秀な生徒たちを無料または低料金で抱える制度)とはまったく異なります。正規の授業料を下げるなどして生徒を迎え入れるのであれば、「学校以外でも勉強をしたいと強く望んでいるが、家計の事情でそれが難しい生徒であるべきだ」と私たちは考えてきたわけです。

今回、この「奨学生制度」を設置するにあたっては、社内各役員をはじめ、多くの社員の賛同を得ることができ実現しました。この場を借りて心から感謝申し上げます。

これまで通塾が困難であった生徒の皆さんは、この制度を活用し精一杯勉学に勤しみ、近い将来、人様のお役に立つことのできる立派な社会人として大活躍していって欲しいと強く願っています。

㈱文理学院  代表取締役社長

小倉 勤

HP用 奨学生制度ご案内②

子ども食堂への寄付に関するメディア情報について

文理学院では、SDGs活動の一環として、文理学院が校舎展開している地域の子ども食堂の運営支援を目的とした寄付活動を進めております。

9月4日に『やまなし地域こども食堂グループ にじいろのわ』様への寄付金贈与式が行われ、その模様が山梨日日新聞に掲載されました。

また、静岡新聞ではNPO法人『静岡市子ども食堂ネットワーク』様への寄付について掲載されました。

なお、この模様はDaiichi TV(静岡第一テレビ)の「しずプリミニ」においても紹介されます。

放映日程は以下の通りです。
9月11日(金)10:25~10:30

ぜひご覧ください。

クールビズ実施のお知らせ

㈱文理学院では7月20日(月)から9月15日(火)までの期間、全校舎および事務所において社員の「クールビズ」を実施いたします。

弊社ではSDGs(持続可能な開発目標)へ向けての様々な取り組みを推進しております。今回は①地球温暖化対策、②節電対策、③新型コロナウイルス予防対策としての社員へのマスク着用徹底の3点を目的としています。

実施期間中は、基本的に軽装(ノーネクタイ・ノージャケット・半袖シャツ等)での勤務を推奨しており、空調温度を高めに設定しております。生徒の皆さん・保護者の皆様、またご来塾の皆様方に不快感を与えない軽装での対応を全社員心掛けてまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

6月・7月の口座振替金額の変更についてお知らせします。

令和2年5月吉日

小・中学生 保護者各位

6月・7月の口座振替金額の変更について

拝啓 新緑の候、皆様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて、文理学院にお通いの塾生の皆さん・保護者の皆様には、新型コロナウイルスによる非常事態宣言発令という大変な状況下にも関わらず、4月下旬より開始の「オンラインでのライブ授業」に深いご理解と、多大なご協力を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。

これまで「教育を止めない」、「教育を繋いでいく」という決意と信念の下、ご家庭のご協力や塾生の皆さんの授業に対する真剣な姿勢にも支えられながら、指導を継続することができました。

しかしながら、今回の非対面授業は、学校休校に対する生徒の皆さん・保護者の皆様の安全を考えた上での一時的な措置であり、本来当学院の目指している教育・指導とは異なるサービスであると考えており、5月18日(月)以降、公教育現場の状況を踏まえながら対面指導を順次再開し、当学院の本来の指導を行っていく所存でございます。

つきましては、6月および7月の口座振替について、以下のような形で対応させていただきますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

 

(1)中学3年生の合宿費については、口座振替をいたしません。

中学3年生の夏期合宿につきましては、昨今の情勢を鑑みますと、例年通りの宿泊学習という形で実施することが困難な状況となっております。

そのため、6月に口座振替をさせていただく予定となっておりました「中学3年生の夏期合宿費」は口座振替をせず、6月分は授業料のみ口座振替させていただきます。

なお、夏期合宿に代わる企画を9月に実施したく検討しておりますので、中学3年生の生徒の皆さん・保護者の皆様もご安心いただきたく存じます。詳細については、決定後に改めてご案内いたします。

 

(2)夏期講習費および講習教材費を無料といたします。

7月に口座振替をさせていただく予定となっておりました「小・中学生の夏期講習費および講習教材費」を無料とし、7月分は授業料とテスト費(静岡県の中学生)のみ口座振替させていただきます。

なお、夏期期間中のスケジュールにつきましては、各自治体・学校から発表される夏休みや行事についての情報に基づき企画を決定し、改めてご案内いたします。

 

文理学院らしい心のこもった熱い指導を再開すべく、社員一同邁進してまいりますので、引き続きご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

敬具