新型コロナウイルス感染症による小中高休校措置に伴う文理学院の対応

新型コロナウイルス感染症による小中高休校措置に伴う文理学院の対応

政府より発表されました「新型コロナウイルス感染症の影響による小中高の一斉休校措置」を受け、文理学院では以下のように対応いたします。

万全を期したうえで、以下の方針で授業を行います。

「今、文理ができることは何か」を考え、勉強の空白に不安をお持ちの保護者の皆様、生徒の皆さんの声、共働き世帯の保護者の皆様の要望に応えるため、万全を期したうえでしっかり授業を行います。
ただし、保護者の皆様の仕事等の時間をできる限り考慮し、基本的には午前中から夕刻までの時間帯を中心とした授業を実施いたします。
各校舎の時間割等に関しては、『校舎ブログ』と校舎毎の『配布文書』をご確認いただくか、または直接お電話等で各校舎にご確認下さい。なお、『校舎ブログ』に関しては、ホームページ下部にある校舎名をクリックしていただき、校舎紹介のページにある『校舎ブログ』から入っていただきますと、確認がしやすいです。また、ご質問やご相談等は各校舎の責任者(校舎長)までお願いいたします。

【塾生および保護者の皆様へのお願い】
①塾に来る前にご家庭で検温を行って下さい。
 37.5度以上ある場合は、通塾をお控え下さい。
②防寒対策を行って下さい。
 授業中も換気のため窓の開閉を行います。
③マスクを着用して下さい。
(手配が難しい場合はハンカチ等のご用意をお願いいたします。)
④咳や発熱、倦怠感等の症状がある場合は、通塾をお控え下さい。

*塾生の兄弟姉妹が塾へお通いになりたい場合は、できる範囲で対応いたします。

【文理学院が徹底すること】
①机・ドアノブ等、手が触れる部分の除菌の徹底
②生徒を密集させない座席配置
③換気の励行
④手洗い・うがいの励行

文理が学校休校期間の教育の受け皿になります!
塾生・保護者を第一優先に各校舎対応します!
安全対策を万全に行い、安心できる学習環境を整えます!